サイドバーは起爆装置

ジャニヲタって楽しいね!

関ジャニ∞渋谷すばるのスバラジ(2011年1月1日(土)、NACK5、24:00〜24:30)

遅まきながら、明けましておめでとうございます(・ω・)
ダイアリー歴4日の晩白ですが、今年もどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m
気軽に絡んで頂ければ嬉しいです。


元旦というめでたい日に放送された「スバラジ」で、個人的に印象的だったネタについてすばるくんが喋っていたので記録しときます。
※レポではないです。個人的な思い出とか絡んでてあんまおもしろくないと思います…


(最後の10分くらいしか聴けてないので何のコーナーかわかんない。お便り紹介?)*1
大学3年生のリスナーの「就活を始めた、いろんな業界を知って楽しい反面、自分がいかに甘い世界にいたかを痛感した」*2というお便りが紹介されました。
唐突に「何か厳しいんやろ?就活ってめっちゃ大変なんやろ?全然ダメって聞くもん。」*3
よくよく聴くと、すばるくんの弟さんも大学生で就活中、まだ決まってないそうで。
ラジオの最後、バイバイした後にすばるくん、こう言ったんです。「就活、頑張ってください」と。





1コ前のエントリでもチラリと触れましたが、私も去年の今頃就活真っ最中でした。
今の時期(1月)だと、冬休み返上で書けるだけ〆切の早いES書いて、定期試験の準備して、レポート書いて……冬休み明けて試験期間中はなかなかES書く暇なくて、でも説明会の予約だけは欠かさずして*4、という生活が続いていたことをふと思い出しました。
私は周りよりも面接受け始めた時期が遅くて、もともと人前で話すことが致命的に苦手だったので大苦戦してました。面接まで進めた採用試験もだいたい1次面接でお祈りされてましたね。伝わらなくて鼻で笑われたこととかあったな…。*5早く受け始めた子から「最終までいったけど祈られるターンがこれで連続3回目」という話を聞いて絶望したり。*6
本当に辛かった。*7


就活中ってよく言われたんですよ、「時代のせいにするな」とか「この時期にもなって決まってないのは甘いって証拠だ」*8とか。「頭ごなしに怒られて糸冬了」パターンってやつですかね (あの…アドバイスが欲しいんですけど…)。確かに正論なんですけど、頭では分かってるはずなんですけど、だんだん4年になって持ちコマ減ってきてそういうことやられると、一気に精神的にすり減るんです。「ライフポイントぜーろー瀕死です」みたいに。
SNSサイトとかで就活関連のニュース見ても「今の若者は甘い」だの「能力が無い」だののコメントのオンパレード。「ゆとり世代なんていらない」という意見も多かったです。確かにそうかもしれない。面接官の世代からすれば今の若者なんて甘ったれだし考えも浅はか、やる気もないと思われても仕方がないのかもしれない。それでも、限られたネットの中の偏った意見だとしても、そう言われるのが本当に嫌だったし悲しかった。


そんな大人もたくさんいる中、すばるくんがそういってくれたことがただ嬉しかった。
世の中にたくさん社会人がいる中で、好きなタレントさんが実情を彼なりに理解して学生側に立ってくれていることがただただ嬉しかったんです。すばるくんには「弟」という身近な存在がいたから“偶然”今の就活の実情をちらりとを知っている、言ってしまえばただそれだけかもしれない。


でも、最後のその10分間と一言が、たくさんの就活生を救ってると思う。

*1:30分ラジオを忘れてしまうことが多いため、スバラジがどんな構成になっているかも良く分からない…

*2:NACK5を録音できる機器を持ってないので完全記憶に頼ってます。

*3:ニュアンス。

*4:ほんと一瞬で予約が埋まる。酷い時はネット繋がんない。

*5:いや、伝えられない自分も悪いんだけど、やっぱ……凹むよね。

*6:「あたし無理じゃん!」って気持ちになった。

*7:「楽しく就活終われました♪」みたいな体験談内外でよく見かけたけど、私は全然楽しくなかったです(`・ω・´)キリッ

*8:実話。友達の体験談。