サイドバーは起爆装置

ジャニヲタって楽しいね!

今平手友梨奈さんに伝えたいこと

4/6放送の欅坂46「SONGS」を観た。

Twitterでもここ数ヶ月平手友梨奈さんに思うことが爆発してしまったので朝活としてここに書き記しておこうと思う。

 

私がてちこに目を奪われたのは、偶然観た「欅って、書けない?」の第一回目だった。まだ幼くあどけないてちこを観て、「この子はただ者ではない」と直感で感じた。ちなみに私は女子ドル素人である。当時AKBグループに軽率にハマった流れから乃木坂、欅坂までぐるりと観ても*1、てちこの存在感は異様だった。

やはりてちこの異様な存在感が際立ったのは、月並みだがデビュー曲の「サイレントマジョリティー」だった。声、表情の造り方、ダンス。お膳立てされたものではあるかもしれないが、それでも平手友梨奈という圧倒的な存在感を感じるには充分だった。

サイレントマジョリティーが発売されてから、私生活が忙しくなった私は新曲のチェックはしていたものの一旦欅の露出媒体のチェックはストップさせていた。

ちょうど4thシングルのフォーメーション&センター発表の「欅かけ」の頃だろうか。何気なくTwitterで「欅って、かけない?」を検索した私は絶句した。

様々なTV露出でのてちこの態度。とてもではないがよろしいと言える物ではなかった。この時期と平行してか、てちこのアンチスレも目立つようになった。どうしてこんなことに。仕方がない。全てとは言わないにしても9割は彼女が招いてしまったことである。

SONGSでてちこは「欅坂46を辞めたいと思ったことは?」という質問に対して「あります」、「5年後、何をしていると思う?」という質問に対して「結婚していると思う」と答えた。私が予想するにこれだけでアンチの燃料投下には充分だったように思う。

「そんなやる気のないやつ、さっさと辞めちまえ」と。

しかし、Twitterでも書いた通りてちこは「至高の素材」なのだ。だから本当に惜しいことをしている。

見ている方としては本当に辛い。彼女が自分で自傷行為をしているようにしか見えないのだ。

早くてちこにはそのことに気づいてほしい。自信を失う必要なんて全く無い。あなたはもうすでに輝いているのだから。

たとえセンターから退いても、5年後誰かと結婚しても、私はてちこを信じる。たとえそれが他メン推しの反感を買おうとも。だって、てちこのパフォーマンスは絶対なのだから。茶の間ヲタクにとって、握手会完売がどうだ?塩対応?知ったこっちゃない!

だから、もっと自分に自信をもっと持って欲しい。これ以上ダークサイドに堕ちないで。自分自身を貶めないで。

非力なヲタクだけど、これからもあなたに着いて行かせてください。まだ観たことのない景色を見せてください。あなたが欅から去ると決断するその日まで。

*1:もちろん各自に可愛い子いっぱいいるし、それぞれのユニに推しはいる